満員御礼!!
イベント当日の様子をまとめた開催後記サイトを公開中です!!

セッション一覧 - SPEAKERS

10:10〜 Aホール

Are you a Designer or an Engineer?

yamasy1549

目が覚めたらwebの世界にいた17歳が、webとフロントエンドについてちょっとだけ真面目に考えてみました。

10:40〜 Aホール

大型フロントエンド開発におけるTypeScriptとDDD

奥野 賢太郎

ChatWork株式会社におけるフロントエンド開発に採り入れたTypeScript、およびDDD(ドメイン駆動設計)について、実務での利点、失敗、工夫を交えたスケールアップさせていく段階的構築の手法をお伝えします。

10:40〜 Bホール

記憶の利用からメタファへ 〜分かりやすいってなんやねん(哲学)〜

梅景 晃平

本稿では、人が知識・記憶・経験をどのように利用するかについて主な理論をご紹介する。特に人が犯す「誤り」から情報処理の認知的な特性にフォーカスする。

11:40〜 Aホール

Extended HTML - WAI-ARIAとMicrodataでHTMLを拡張する

桝田 草一

HTML5は普及してきていますが、HTML5を拡張するための関連仕様であるWAI-ARIA(アクセシビリティ)やMicrodata(構造化データ)はHTML5そのものと比較してまだまだ使われていないのではないでしょうか。このセッションでは、WAI-ARIAやMicrodataをJavaScriptやCMSから利用するために具体的な実装方法や検証方法を紹介します。

11:40〜 Bホール

gulp ベストプラクティス

神保 嘉秀

ビルドフロー自動化のためのツールである gulp のベストプラクティスをご紹介します。定番のプラグインや、パフォーマンスやメンテナンス性を考慮した書き方などについてお話する予定です。

12:40〜 Aホール

あなたの言葉で伝えるWebアクセシビリティ

小林 大輔

アクセシブルなWebを実現するためには、エンジニアだけではなく、Webに携わるすべての人がWebアクセシビリティの重要性を認識する必要があります。 本セッションでは、サイボウズ株式会社の取り組みを紹介しながら、Webアクセシビリティの重要性を、より多くの人に伝えるための方法について考えます。

12:40〜 Bホール

HTML5のAPI群をただひたすらに触ってみた記録

花谷 拓磨

HTML5には様々なAPIがありますが、今だあまり使われていない技術も数多く有ります。そんなHTML5のAPIたちに触れてみた所感をお話します。

14:20〜 Aホール

Angular2でアプリを書いた話

今井 晨介

Angular2を用いてBGM付ポモドーロ・テクニックを利用したWebアプリケーションを書いてみたお話をします。

14:20〜 Aホール

Sencha Ext JS 6 の紹介

中村 久司

Sencha Touch で名を馳せた Sencha のフレームワークは、デスクトップ用の Ext JS と統合され、デスクトップからモバイルまで全てのデバイスをサポートするフレームワークとなりました。 最新の Ext JS 6 について解説します。

14:20〜 Aホール

Designing in React: Why and How

アマギタカヨシ

Reactはフロントエンド開発のパラダイムに革命を起こし、いまや一大ムーブメントとなっています。一方で「Reactはデザイナーとの相性が悪い」なんて噂もよく耳にします。このセッションでは、フロントエンドでReactが使われる理由、およびReact界隈のWebデザインに起きている事を説明します。

14:20〜 Bホール

Sassを使ってるなら Bourbon/Neat を使え!

Kite

BootStrap などの CSS フレームワークが抱える根本的な問題を解決してくれる Bourbon/Neat という超軽量 Sass ライブラリをご紹介します。Bourbon ツールセット (Bourbon/Neat/Bitters/Refills) の説明や使うメリットをお話し、それらを使ったライブコーディングを行う予定です。

15:20〜 Aホール

これからのデザインを考える

山下 一樹

Web やアプリにおける「フロントエンド」に関わるエンジニア、デザイナーがこれから考えるべきデザインとはどのようなものなのか。UI や UX だけでなく「デザイン(設計)する」ということにフォーカスしながら皆さんと考えていければと思います。 [キーワード: デザイン思考、インタラクションデザイン、共創]

15:20〜 Bホール

Webサイトパフォーマンス管理の基礎知識

竹洞 陽一郎

Webサイトパフォーマンス管理は、表示速度と繋がりやすさを軸とした、配信品質管理です。 分析においては、統計学の知識が必要となっています。 また、スマートフォンでのブラウジングの増大に伴い、携帯ネットワークの知識が求められ、 UXの観点から神経物理学、行動経済学の知識が必要となっています。 そのようなWebサイトパフォーマンス管理に必要な基礎知識の概要を説明します。

16:20〜 Aホール

10年超のサービスにSass導入してモダン化した話

大出 豪

日本最大級のライブストリーミングサイトを運営しながら、「老舗サイトでもしっかり時代にあわせられるのか?」をテーマに、WEBサイトのモダン化を行いました。Laravel Bladeと、タスクランナーやSASSなどを組み合わせたので、その構成や苦労した所、便利だった所などをお話します。

16:20〜 Bホール

グロースハックを実現する「モジュールデザイン」とCSS設計

榊原 昌彦

paperデザインとwebデザインの一番大きな違いは「webのデザインは成長すること」。 では、どうやったら成長するwebをデザインすることができるか。基本的な考え方から、実例紹介、それを支える技術を紹介します。デザイナーに聞いてもらいたいエンジニアリング話です。

and more ...?

PAGE TOP